★キャブレタークリーナー(業務用)の性能テスト!
2013-07-06 Sat 17:51
★当店で販売しているキャブレタークリーナー(業務用)の性能テストをこれから行います。
この商品は当店で20年前から現在まで実際に使用しており自信を持ってお勧めできる最強のケミカル品です。
DSC07642.jpg
★まずCB400Fからキャブを外します。20年間眠っていたバイクのため、ホコリがすごいです。
DSC07585.jpg

★キャブを外しました。
DSC07606.jpg
★このキャブは20年間も眠っていたキャブですので底のフロートチャンバーを4個外すと中は大変な状態になっていました。
DSC07597.jpg
★穴が詰まってメインジェットの穴が全く見えません。
DSC07600.jpg
★なんともすごい状態です。全ての物が固まって全く動きません。以前こんな状態でむりにフロートを外そうとして横のピンを叩いて外そうとすると全体に固まっているためキャブ本体側がぽきっと折れてキャブがパーになった事があります。この状態で部品を外すのは危険です。
DSC07602.jpg
★底の部分は黒いコールタールが付いた状態になっており、針で突き刺すとキャラメルに刺した感じでとても硬いです。
DSC07603.jpg
★ガソリン7に対してキャブクリーナー3の比率で液を作ります。今回はガソリン1.5ℓの対してキャブクリーナー500ccを入れました。
★注意点1点目は漬ける部分はキャブを真っ直ぐにした状態でエアースクリュウの15mm下の部分位漬かるようにして下さい。それ以上漬けますとプラスチックやゴム類が犯されますのでご注意下さい。※真っ直ぐになるように鉄のバーを入れてます。
★注意点2点目は漬ける時間ですが、初回のみ強力ですので1時間単位にして下さい。最高2時間まででOKです。忘れて丸1日漬けますと漬かっていた部分は黒く変色し洗っても落ちません。その場合は真鍮ブラシでゴシゴシしないと落ちません。また場所によっては部分的に本体が溶けますので要注意です。
★注意点3点目は漬け終わった後は全体に粘っこくなりますのでそのまま使用できません。バケツに水を満タンまで入れ、キャブをドブンと入れてブラシでゴシゴシ全体を洗って下さい。洗い終わったあとはエアガンなどで水気を飛ばして下さい。その時にジェット類を外しガソリンやエアーの通る穴もエアガンでゴミや水気を完全に飛ばして下さい。
★注意点4点目はガソリンをベースに使用しますので容器も金属製の容器しか使用できません。参考までに今回使用したステンレス製の容器はホームセンターコーナンで食器洗い用の容器で価格は¥1480です。
DSC07609.jpg
★一時間漬けた状態です。汚れが溶けて色が濃くなっています。
DSC07608.jpg
★水洗いして水気を飛ばした状態です。こんなにきれいになりました。
DSC07610.jpg
★なかもすっきり見違えるほどきれいになりました。フロートもスコスコ動きます。
DSC07616.jpg
★フロートチャンバーの内側も見違えるほどきれいになりました。ピカピカです
DSC07620.jpg
★フロートチャンバーの外側も見違えるほどきれいになりました。ピカピカです
DSC07625.jpg
★漬け置きタイプのパワーを感じて頂けましたでしょうか?
価格は1ℓで¥2625です。なお蓋付きの金属の容器に保管して頂ければ繰り返し使用出来ます。効果は少しずつ落ちて行きますが1ℓでキャブ10個分使用可能です。1キャブ¥262しかかかりません。そのため一度体験すれば「スプレー式のキャブレタークリーナー」は二度と使用できなくなります。
★ケミカル品は当社で実際に使用してみて効果が体感でき、価格的にも『満足できる』物のみを販売しております。キャブレターオーバーホール時にはぜひご検討下さいませ。

スポンサーサイト


自分の絶版バイク部品をBRCで注文する
別窓 | CB400F | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<★新製品 Z400FX/Z400GP/GPZ400F 強化型オイルポンプ入荷しました。 | BRCブログ | ★新製品 Z400FX 強化型オイルポンプ!>>
⇒生産中止になった旧車の絶版部品がここならあったらしいよ……今すぐクリックなう!



コメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | BRCブログ |